鋼材・金属素材・管材・溶接素材・建設資材等の販売、鋼構造物の設計・製作・施工、鉄筋・鉄骨工事、公共土木工事

鉄筋

鉄筋事業をシステム化する革新技術

鉄筋ジャバラユニット工法は、鉄筋工事の安全施工、効率化、
品質確保、工期短縮を実現する革新的な技術です。

鉄筋ジャバラユニット工法とは?


集積

集積

運搬

鉄筋ジャバラユニット工法は、工場にて特殊な結束線を使用してユニット(梁・柱・壁・スラブなど)を組み立て、折りたたんで集積したうえ、現場に運搬します。これを現場にて復元して設置・施工する革新的な工法です。

鉄筋ジャバラユニット工法の動画を見る

鉄筋ジャバラユニット工法のメリット

安全

  • 安全に効率よく現場作業を行える。
  • 高所での危険作業を削減できる。
  • 危険な開口部周りの作業を安全に行える。
  • 重量物の人力運搬を大幅に低減できる。

施工

  • 折りたたんだ状態で集積・運搬できるため保管や運搬の効率化が図れる。
  • 現場組立に必要な鉄筋受架台・荷取ステージなどを大幅に削減できる。
  • 事前に工場でユニット組立するため、現場での設置・施工は少人数の作業員で行える。

品質

  • ユニット化する際に鉄筋を固定するための溶接を必要としない。
  • 工場でユニットを組み立てるため品質が安定する。
  • 組立終了後に配筋検査を簡単にチェックできる。

工程

  • 大部分の鉄筋部材を工場でユニット化するため工程の前倒しができる。
  • 躯体工事の作業工程を短縮できる。


ユニット集積


施工中


施工中